信用力を得る為に賃貸事務所やレンタルオフィスの立地にこだわろう

メンズ

建物の安全性

オフィス

見過ごせないポイント

賃貸オフィスは、ビルの中で間仕切りがされていてその一室を賃貸として利用できるようになっているスタイルがほとんどです。その為、業種や従業員の数に合わせて敷地面積を探せば、適当なところを見つけることができるでしょう。
どうしても目に見える立地条件や設備、賃料の負担などが重視される傾向にありますが、それだけで判断すればいいものではありません。むしろ、目に見えないところに重要視しないといけないポイントがあるので、見過ごしてはいけないのです。特に見過ごせない部分と言えるのが、建物の安全性。ビル自体の安全性が欠如している場合、それは賃貸オフィスの安全性も欠如することに相当します。近年は、地震や台風などの自然災害も頻繁に起こっているので、建物の安全性は第一に考慮しておくようにしましょう。

耐震基準をチェック

建物の安全性を比較する時のポイントになるのが、耐震基準に適合しているかどうか。耐震基準は、現行の耐震基準と昭和56年代に採用されていた旧耐震基準で大きな違いがあります。旧耐震基準だから100%危ないというわけではありませんが、安全面の観点では注視しないといけないレベルであることは間違いないでしょう。
賃貸オフィスを契約する前に知るには、まず、物件を取り扱っている不動産会社に問い合わせをしたり家主であるオーナーに確認をしたりすることが有効です。建物や設備の安全点検や耐震検査が行なわれているかどうかも見ておくと、賃貸オフィスの良し悪しを比較できます。

Copyright© 2016 信用力を得る為に賃貸事務所やレンタルオフィスの立地にこだわろう All Rights Reserved.